<< December 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

15日夕刻、ISSが西の空を飛翔

 昨夜の「ふたご座流星群」はどうでしたか。

 何個見れましたか。

 日中は曇天の空で、心配していましたがコリノ天文台の観察会も団体来訪者をはじめ多くの来館者がありました。

 19時過ぎからは雲も切れ始め冬の星空が満天に広がりました。

 投稿者の私は、22時過ぎにシリウスの上方を流れる明るい流星を数個確認しました。

 冬の夜空の流星はロマンチックでしたね。

 

 さて、翌日の今日15日は、西北西から南西の空に飛翔する国際宇宙ステーションをベランダから観察できましたので画像を掲載します。

2018.12.15 18:24

20秒Bulb撮影 NikonD3000 1818 F5.6 ISO800

所:南さつま市加世田武田


2018.11コリノ天文台「星空ギャラリー」

 南さつま市コリノ天文台寄贈者の加世田サイエンスクラブ会員の宇都氏が11月29日にコリノ天文台でテスト撮影した天体写真を「コリノ天文台星空ギャラリー」として掲載します。

 南さつま市の星空をお楽しみください。

 天文台の主望遠鏡ミード40僂覆匹濃1討靴真枚の画像をコンポジット(合成・複合)として処理しています。

 ★画像提供:宇都氏

 ★撮影場所:南さつま市コリノ天文台

 ★撮影月日:2018.11.29

来年1月中旬ごろまで比較的明るくなるぎょしゃ座近くの「ウィルタネン彗星(46P)」

コリノ天文台主望遠鏡ミード40冏深F6.3(レデューサ使用)

20:58〜21:02/30秒×5枚コンポジット(2.5分露出) ISO3200 Nikon D810A

ステライメージ7による画像処理

 

M33「さんかく座銀河」

コリノ天文台主望遠鏡ミード40冏深F6.3

20:36〜20:48/2分×5枚コンポジット(10分露出) ISO3200 Nikon D810A

ステライメージ7による画像処理 

 

M1「おうし座/かに星雲」

コリノ天文台主望遠鏡ミード40冏深F6.3

21:14〜21:28/1分×6枚コンポジット(6分露出) ISO3200 Nikon D810A

ステライメージ7による画像処理

 

M31「アンドロメダ座/アンドロメダ座大銀河」

コリノ天文台主望遠鏡に300佶庄麁渦唯5.6

18:55〜19:20/2分×10枚コンポジット(20分露出) ISO3200 Nikon D810A

ステライメージ7による画像処理

 

M45「おうし座散開星団/プレアデス星団(すばる)」

コリノ天文台主望遠鏡に300佶庄麁渦F5.6

21:53〜22:15/2分×9枚コンポジット(18分露出) ISO3200 Nikon D810A

ステライメージ7による画像処理


12月14日「冬の星座物語」星空観察会を開催

 2018年も残り1か月となりました。

 今年も「あっ」という間に月日が過ぎ去ったようにも感じますが、南さつま市コリノ天文台では今年最後となる12月の観察会として ふたご座流星群の極大日に併せて「ふたご座流星群&冬の星座物語」星空観察会を開催します。

 真冬の時期になりますが、晴れたら1等星の多いこの時期、暖かい格好で星空を眺めてみませんか。

 ご来館お待ちしています。

 

 ★日時:平成30(2018)年12月14日(金)【月齢06.8】午後6時30分〜午後8時30分(予定)

 ★場所:南さつま市コリノ天文台(南さつま市金峰町高橋)

 ★観察内容

  14日の宵から15日の明け方に活動が極大となる「ふたご座流星群」や冬の代表的な星座のオリオン座やおうし座の「すばる(プレアデス星団)」を観察してみましょう。

 ※曇天、雨天時の天候不良の場合は、室内で「施設見学会(曇天のみ)と星空教室(予定)」を行います。

 ※未就学児・小中学生は、保護者同伴で参加しましょう。

 ※冬至(22日)前の寒い季節ですので各自で防寒対策をお願いします。

 

 【お願い】天文台にはトイレがありませんので、近くの砂丘の杜の展望台(天文台から約50m先)をご利用ください。

 (懐中電灯のご持参をおすすめします)


今日、コリノ天文台は開館2周年を迎えました

 皆さんこんばんは。

 南さつま市天体観測施設「南さつま市コリノ天文台」の施設運営業務団体、加世田サイエンスクラブです。

 今日、11月22日(いい夫婦の日)で「南さつま市コリノ天文台」は、開館2周年となりました。

 これまで、当天文台にご来館また、ご利用いただきました皆様にお礼申し上げます。

 これからも南さつま市の身近な天文台として「星空観察会」などを開催していきますので、よろしくお願い申し上げます。

 年内は、12月にあと1回(12月14日<金>予定)の星空観察会を予定しています。

 近日中にご案内致します。

「南さつま市コリノ天文台」全景


掲示板にカバーが付きました。

今まで、掲示するとき会員のKさんが一手に防水対策をして掲示していましたが、今回カバーが付いたので、マグネットでそのまま掲示したりホワイトボード用ペンで直接書いたり出来るようになりました。

 

掲示板


18日、コリノ開館2周年「秋の星座物語」星空観察会を開催

 今月で開館2周年を迎えました今月の第2弾観察会は、「コリノ天文台開館2周年記念〜しし座流星群&秋の星座物語〜」星空観察会を開催します。

 空気が澄んできたこの季節、星空を眺めてみませんか。

 ご来館お待ちしています。

 

 ★日時:平成30(2018)年11月18日(日)【月齢10.5】午後6時30分〜

 ★場所:南さつま市コリノ天文台(南さつま市金峰町高橋)

 ★観察内容

  南さつま市コリノ天文台開館2周年(11月22日)の週となりました。

  地球最接近から3ヵ月が過ぎた火星にカシオペヤ座やペガスス座の秋の四辺形、月明かりがありますが極大期をむかえる「しし座流星群」など秋の夜空を楽しんでみましょう。

2年前(2016.11.22)のオープニングセレモニー風景

開館時の「南さつま市コリノ天文台」全景

「南さつま市コリノ天文台」ドーム内 主力望遠鏡 鏡筒ミード40ACF

 

 ※曇天・雨天時の天候不良の場合は、室内で「施設見学会(曇天のみ)と星空教室(予定)」を行います。

 ※未就学児・小中学生は、保護者同伴で参加しましょう。

 ※夜はだいぶ冷え込んで寒い季節です。夜間の観察ですので体調管理は各自でよろしくお願いします。

 

 【お願い】天文台にはトイレがありませんので、近くの砂丘の杜の展望台(天文台から約50m先)をご利用ください。

 (懐中電灯のご持参をおすすめします)


11月15日、今年最後の「月面X」を寒い中で観察

 11月15日、南さつま市コリノ天文台の今年最後のラストチャンス「月(月面Xを観察)」観察会を晴天の夜空で観察できました。

 気温約10度の寒さの中、月面に現れた珍しい「月面X」の模様を大型望遠鏡で観察できた来館者は、「不思議だね」「綺麗だね」などの感想とともにデジタルカメラやスマホで思い思いに「月面X」を撮影していました。

 クラブ会員が撮影した「月面X」です。

 「月面X」どこにあるか分かりますか?

大型望遠鏡の接眼部からデジタルカメラで直接撮影した「月」19:01

大型望遠鏡の接眼部からデジタルカメラで直接撮影した「月面X」18:59

 

 

 

 

 

 


11月15日、今年最後の「月面X」観察会を開催

 11月で南さつま市コリノ天文台は開館2周年を迎えました。

 そこで第1弾の観察会は、今年最後のチャンスとなる「月面X」観察会を開催します。

 夜は、だいぶ寒くなりましたが、空気が澄んできたこの季節、星空を眺めてみませんか。

 ご来館お待ちしています。

 

 ★日時:平成30(2018)年11月15日(木)【月齢07.5】午後7時〜午後9時(予定)

 ★場所:南さつま市コリノ天文台(南さつま市金峰町高橋)

 ★観察内容

  今年最後のラストチャンスとなる「月面X」と地球最接近から3ヵ月が過ぎた火星にカシオペア座やペガスス座の秋の四辺形やアンドロメダ座のアンドロメダ大星雲など秋の夜空を楽しんでみましょう。

(上写真)今年9月17日コリノ天文台で撮影した「月面X」

 

 ※曇天・雨天時の天候不良の場合は、室内で「施設見学会(曇天のみ)と星空教室(予定)」を行います。

 ※未就学児・小中学生は、保護者同伴で参加しましょう。

 ※寒い季節へ向かっています。夜間の観察ですので体調管理は各自でよろしくお願いします。

 

 【お願い】天文台にはトイレがありませんので、近くの砂丘の杜の展望台(天文台から約50m先)をご利用ください。

 (懐中電灯のご持参をおすすめします)


11月6日、香港から修学旅行一行が来館

 南さつま市観光交流課からのご紹介で11月6日に香港のインターナショナルスクール「香港アイランド・スクール修学旅行一行」の約30名がコリノ天文台に来館しました。

 開館から今月で2年目、海外からの団体様の訪問は初めてとなりました。

 午後8時過ぎから約1時間、コリノ天文台の大型望遠鏡で火星を観察したり、天文台寄贈者の宇都氏やクラブ会員などから「はくちょう座」など夏の星座から秋の「アンドロメダ座」、「すばる」の説明を通訳を交えての観察会となりました。

 天の川も観察できて日本の星夜空を満喫していただきました。

 ご来館ありがとうございました。

大型望遠鏡で「火星」を観察

天文台テラスでスタッフからの説明で星空を観察


10月29日、H-A40号機の打上げ成功

 2018年10月29日13時08分に種子島宇宙センターからH-Aロケット40号機で打上げられた温室効果ガス観測技術衛星2号「いぶき2号」の太陽電池パドルの展開等が正常に行われことが確認され打上が成功しました。

 天候にも恵まれたので多くの方々が打上げの模様を県内各地でも観察したようです。

 以下、当クラブ会員が撮影した画像を掲載します。

撮影地:南さつま市加世田宮原

 

撮影地:鹿児島市上荒田町

 

撮影地:南九州市頴娃町

 

撮影地:南さつま市加世田本町



開館日カレンダー

星空予報

search this site.

profile

categories

selected entries

archives

recent comment

  • 17日に「C/2015V2ジョンソン彗星」星空観察会
    Kamimura
  • 12月3日(土)に「冬の星座物語」星空観察会
    Shohei Matsumoto

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM