<< November 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

18日、風の強い中で秋の星空を観察

 18日にコリノ天文台開館1周年(11月22日)記念となります「しし座流星群&秋の星座物語」星空観察会を風は強く寒かったのですが、昨日までの雨模様から回復した晴れた空から秋の星空を観察しました。

 しし座流星群の観察はできませんでしたが、西の空には夏の名残りの白鳥座、こと座、わし座の「夏の大三角形」、東の空にはペガスス座、アンドロメダ座を観察。

 天文台の望遠鏡では、アンドロメダ大星雲やすばるに海王星を観察しました。

  寒い中、天文台を訪れた方の観察風景ワンショットを掲載します。

近隣の街からも星空観察会に参加。東の空のアンドロメダ大星雲、昴を観察。

7等級の海王星も観察。


加世田からH-Aロケット36号機打ち上げを観察

【天体&宇宙News】

 今月10日(火)7時01分37秒(日本標準時)、種子島宇宙センターから準天頂衛星システム静止軌道衛星「みちびき4号機」を搭載したH-IIAロケット36号機の打ち上げを南さつま市加世田麓に住むクラブ会員の自宅2階から南方向の山の上空を上昇していくロケットの光跡を撮影しました。

 早朝ではありましたがロケット雲がきれいに見えました。

 

 先日、宇宙航空研究開発機構(JAXA)から今年最後となるH-IIAロケット37号機(高度化仕様)による気候変動観測衛星「しきさい」(GCOM-C)/超低高度衛星技術試験機「つばめ」(SLATS)の打上げを12月23日(土)10時26分22秒〜10時48分22秒(日本標準時)に行うことが発表されました。

 ※天候や機材整備状況によっては、日程の変更があります。 

 クリスマス前に、サンタクロースからの打ち上げプレゼントを南さつま市から見られることに期待しましょう。

 


来月18日、コリノ天文台開館1周年記念「しし座流星群&秋の星座物語」星空観察会

 南さつま市コリノ天文台では、下記の日程で11月の星空観察会を開催することになりましたのでご案内いたします。

 昨年11月22日にオープンしたコリノ天文台も天文台開所1周年となります。

 今年は新月で月明かりもない好条件の「しし座流星群」の観察会で1歳の天文台誕生日を祝いましょう。

 

★日時:平成29年11月18日(土)【月齢29.3】午後6時30分〜午後9時(予定)

★場所:南さつま市コリノ天文台(南さつま市金峰町高橋)

★観察内容

 しし座流星群と秋の星座の星雲星団をコリノ天文台の望遠鏡で観察しましょう

 ※曇天・雨天等の天候不良の場合は、室内で「施設見学(曇天のみ)と工作教室&星空教室(予定)」を行います。

 ※11月の夜は、だいぶ冷え込みが予想されますので、防寒対策を各自でよろしくお願いいたします。

 ※未就学児、小中学生は、保護者同伴で参加しましょう。

【お願い】コリノ天文台にはトイレがありませんので、近くの砂丘の杜展望台をご利用ください。

      (懐中電灯のご持参をおすすめします)


残念。雨で27日の「月面X」は見れませんでした

 今月2回目の南さつま市コリノ天文台の星空観察会は、今年5月と7月に観測できた「月面X」を再び観察する月面観察会を予定していましたが、前日までの好天から台風22号の影響で雨天となり残念な観測日となりました。

 研修室で5月にビデオカメラで録画していた「月面X」を鑑賞する会となりました。

 次回の「月面X」を期待したいと思います。

【月面カレンダーー】

2017年12月26日(0時半前後、西日本では1〜2時間前に西空低くに見られるか?)

         ※夜遅くなり、月の高度が下がり、観察条件がよくありません。

2018年01月24日(昼間14時前後)

2018年03月24日(昼間16時半前後)

2018年05月22日(昼間16時半前後)

2018年07月20日(昼間16時前後)

2018年09月17日(昼間16時前後)

2018年11月15日(18時半前後)

2018年は殆ど昼間の時間帯ですが、昼間でも澄んだ青空の中の月を拡大すると確認することもできそうです。


今月14日、「土星&秋の星座物語」星空観察会

 南さつま市コリノ天文台では、下記の日程で10月の星空観察会を開催することになりましたのでご案内いたします。

 地球から見て土星の環が最も開く10月17日を過ぎていよいよ土星の見頃も終盤です。秋の星空とともに観察します。

 土星の環の神秘的な様子を大型望遠鏡で見てみましょう。

 

★日時:平成29年10月14日(土)【月齢23.9】午後6時30分〜午後9時(予定)

★場所:南さつま市コリノ天文台(南さつま市金峰町高橋)

★観察内容

 15年ぶりに土星の環が最も開き、美しく見える今年。土星の環が見頃です。

 ※曇天・雨天等の天候不良の場合は、室内で「施設見学(曇天のみ)と工作教室&星空教室」を行います。

 ※10月に入り夜は、だいぶ冷え込みましたので、これからの観察会は防寒対策を各自でよろしくお願いいたします。

 ※未就学児、小中学生は、保護者同伴で参加しましょう。

【お願い】コリノ天文台にはトイレがありませんので、近くの砂丘の杜展望台をご利用ください。

      (懐中電灯のご持参をおすすめします)


今月27日は、「月面X」と秋の星空観察会

 南さつま市コリノ天文台では、下記の日程で10月の星空観察会を開催することになりましたのでご案内いたします。

 今年の5月と7月にコリノ天文台でも観察できた「月面X」を再び観察する月面観察会と秋の星空を観察します。

 月の神秘的な現象を大型望遠鏡で見てみましょう。

 

★日時:平成29年10月27日(金)【月齢07.3】午後6時30分〜午後9時(予定)

★場所:南さつま市コリノ天文台(南さつま市金峰町高橋)

★観察内容

 5月、7月にも観察しました「月面X(20時30分)」と秋の夜長に秋の星空を観察。

 ※曇天・雨天等の天候不良の場合は、室内で「施設見学(曇天のみ)と工作教室&星空教室」を行います。

 ※10月に入り夜は、だいぶ冷え込みましたので、これからの観察会は防寒対策を各自でよろしくお願いいたします。

 ※未就学児、小中学生は、保護者同伴で参加しましょう。

【お願い】コリノ天文台にはトイレがありませんので、近くの砂丘の杜展望台をご利用ください。

      (懐中電灯のご持参をおすすめします)


8月8日の「部分月食」の写真を掲載しました

 今年8月8日の未明にありました「部分日食」を撮影した当クラブの江田氏から写真プリントをいただきましたので掲載します。

 この画像は、最近はデジタルカメラが主流の中、昔ながらのフィルムを使ったカメラで撮影したものです。

【写真データ】

撮影日時/2017年8月8日(火)03:00〜03:50

撮影場所/南さつま市コリノ天文台

望遠鏡/五島光学8儷折望遠鏡 自動追尾

カメラ/NikonFM2

フィルム/富士フィルム Fuji Color ISO400

露出:1/125〜1/500sec


4日、コリノ天文台から「中秋の名月」を観察

 10月最初のコリノ天文台の観察会「中秋の名月」観月会は、天候にも恵まれ雲の切れ間から名月や土星を観察できました。

 約20名の見学者の中には、天文台の40冏深曜庄鷆世筌ラブの対空双眼鏡から直接スマホやデジカメで月を撮影していました。

 観察会後半には、研修室で今年8月22日に北米大陸であった皆既日食を観察してきた宇都さんの撮影した映像を視聴することもできました。  

 それではここから観察風景ワンショットを掲載します。

クラブ所有のフジノン1525倍45度対空双眼鏡からデジカメで直接撮影。(19:58撮影)

天文台ドームのガイド用屈折望遠鏡の月画像をデジカメで直接撮影。(20:21撮影)

双眼鏡との画像の違いがわかりますか?

→鏡の関係で望遠鏡の画像は逆立ちしています。

クラブ所有のフジノン1525倍45度対空双眼鏡で月を観察。(18:31撮影)

ススキも飾り付けた天文台入口では、

クラブ所有のフジノン1525倍45度対空双眼鏡で月を観察。(19:47撮影)

 

 


4日、「中秋の名月」観月会と8月の北米日食報告会

 南さつま市コリノ天文台では、下記の日程で「中秋の名月」観月会を開催することになりましたのでご案内いたします。

 また、今年8月22日に北アメリカ大陸を横断する形で見られた「皆既日食」について、現地で観測した会員から観察の四方山(よもやま)話を聞きたいと思います。

 満月前の月齢13.9の今年の中秋の名月や輪が輝く土星を大型望遠鏡で見てみましょう。

 なお、満月は10月6日になります。

 

★日時:平成29年10月4日(水)【月齢13.9】午後6時〜午後8時30分

★場所:南さつま市コリノ天文台(南さつま市金峰町高橋)

★観察内容

 ※曇天・雨天等の天候不良の場合は、室内で「8月の北米日食報告会」を中心に行います。

 ※前回(9/30)も夜は、だいぶ冷え込みましたので、これからの観察会は防寒対策を各自でよろしくお願いいたします。

 ※未就学児、小中学生は、保護者同伴で参加しましょう。

【お願い】コリノ天文台にはトイレがありませんので、近くの砂丘の杜展望台をご利用ください。

      (懐中電灯のご持参をおすすめします)


30日の星空観察会は、秋の星空を満喫しました

 9月最後のコリノ天文台の観察会「秋の星座物語」星空観察会は、天候にも恵まれ快晴の夜空に土星や月に秋の星座を観察できました。 

 観察風景ワンショットを掲載します。

 月齢が9.9と多少月明かりが気になりましたが、明るい1等星などで夏から秋にかけて南天には輪がきれいに見える土星にさそり座や東天のペガスス座などの星座をよく観察できました。

 月光はありましたがアンドロメダ座大銀河「M31」も観察できました。

 秋の深まりとともに宝石箱みたいにきれいに輝いていて、参加者も感激の観察会となりました。

40冏深曜庄鷆世播收韻鳩遒離レーターを観察。

双眼鏡でも上弦を過ぎた月を観察。来週は十五夜です。



開館日カレンダー

search this site.

profile

categories

selected entries

archives

recent comment

  • 17日に「C/2015V2ジョンソン彗星」星空観察会
    Kamimura
  • 12月3日(土)に「冬の星座物語」星空観察会
    Shohei Matsumoto

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM